アマチュアの 松山英樹(19)さんが
快挙達成 クラッカー

祝三井住友VISA太平洋マスターズで優勝されましたかわいい

おめでとうございます〜拍手

ゴルフ界にとっても大変めでたいことです。

ワイドスタンスで構え、ゆったり大きなバックスウィングから
ドーンと大きくフィニッシュ・・
ほかの選手と比べてもバックスウィングがゆっくりに見えます。

アイアンショットも同様ですが
アプローチも・・パッティングスタイルも・・ワイドスタンス
大きくゆっくりドーーーンっていうワンパターン

かつての名手たち、、
ジャックニクラウスや青木功プロ…
共通して言えるのは、ドライバーからパッティングまで
同じパターンで打っている…

一貫性があると思います。

松山選手は
終盤の16番ホールの1打目、2打目が右に行き気味
17番のパー3では右の傾斜面にまでボールが行き、ボギーアセアセ

最終18番ホールのセカンド、、
ピンは右手前右その右は池、左にのせておけば・・
ほぼ優勝!という場面で

ピンをデットに狙い、ピンの右横にピタッとつけて
イーグルで優勝エクステンション

去年のマスターズでベストアマになり、
すぐにでもプロ入りかと噂されましたが、大学を卒業してから…と

今回の優勝で2013年までに宣言すれば
プロの資格を得ることになるんですが
やはり本人は卒業してからと…

これもすごい一貫性!!
プレーだけでなく生き方まで!!


堀江ゴルフアカデミー
大阪のインドアゴルフスクール…
どんどん増えています。

JR大阪駅周辺から心斎橋、難波まで続々と…上

我々のような日本プロゴルフ協会(PGA)の
ティーチングプロも毎年誕生しています。

僕が取得した1992年は、書類選考、面接の後、
実技試験をワンラウンド70台で回れば「実技合格」でした。

現在は4Rぐらい回り、平均が70台の半ばでないと
合格できないそうです。
よって、僕らより若い世代はゴルフが上手いです。
ほんとにレベルが高い!!!
(もちろん年配の方にも上手い方はいます)

普段60台で回るティーチングプロがうじゃうじゃきらきらいるんです。。

毎年、PGAティーチングプロ選手権という試合が
開催されています。
これも今年からPGAトーナメントプロ資格を持つプロも
出られるようになりました。
(ただし、ティーチング資格も取得済みという条件で)

よりティーチング選手権も華やかにレベルアップしています。
決勝大会でもティーチングプロがトーナメントプロを脅かすぐらい
活躍してほしいです。


堀江ゴルフアカデミー
長年ゴルフスクールをやらせてもらっていますと
色んないい事があります♪

そんな時はこの仕事をしてて良かったとつくづく思います。

スクールで知り合った方々が結婚し、その子供の成長を喜んだり、

登校拒否をしていた当時小学生の少年が、
今は大学生になって凛々しい大人になっていたり…


数々ある嬉しかった事の一つに
太田ユリ子さんとの出会いがあります。

ご主人のススメでゴルフを始められたユリ子さんは
腎臓移植をされていて、運動はおろか体力に自信が無い状態でした。

初めてスクールに来られた時、
最初は遠慮がちで、なかなかボールを打とうとされませんでしたが、
1球打ってみられたところ、周りの心配をよそに強振され始めました。

そしてご主人のサポートが功を奏し、
その後ラウンドを重ね、

あっという間に100を切り…

平成13年8月30日
ゴルフを始めて5年後に行われた、
世界移植者スポーツ大会・ゴルフの部(北神戸ゴルフ場)
に出場され、見事4位に入賞されました拍手



体格の良い海外選手と共にプレーされている姿は
ホンマに格好良かった拍手





そして今もあの頃と変わらずスクールにお越しになり
パワフルにプレーをされています力こぶ


堀江ゴルフアカデミー
10月に入り、一気に涼しくなり
いよいよ秋のスポーツシーズンを迎えました。

堀江ゴルフアカデミーも
オープンから早や半年が過ぎました。

半年前までは、心斎橋パルコの屋上で
15年間レッスンをさせていただいてましたが
今年9月いっぱいで、パルコの閉館が決定し(先月閉館)
堀江の立花通りで新規開講することになりました。

パルコ屋上の気温は
夏は40度まで上昇上冬は0度近くまで下がり下向き
決して練習環境が整っているとはいえませんでした。

毎日、スクール生の方々が倒れないかと心配でしたが・・
インドアはその点ホントに快適ですね〜
まぁゴルフは自然との戦いという話もありますが
僕は花粉症がひどいので春先からヒドイ状態でして…花粉
インドアに移ってからは花粉症がほぼ出ませんでした。

さてさて
先日平塚プロが優勝した
パナソニックオープンのプロアマに
堀江ゴルフアカデミーの会員様が出場され
去年の賞金王、キムキョンテプロとラウンドされました。

キョンテプロはすごく紳士的で
分かり易く丁寧にレッスンをしてくれたそうです。

スウィングについては、その方のスウィングを分析した上で
キョンテプロ本人のスウィングイメージを教えてくれて
又、深いラフからの打ち方もアドバイスしてもらったそうです。

この内容は…次回にまとめてご紹介します。


堀江ゴルフアカデミー
フジサンケイクラシックゴルフ

ひどい天候の中、36Hに短縮されましたが…

諸藤選手 初優勝!!!

ものすごい飛距離でした。
しかも、イケメン矢印

アマチュアの頃から有名で
プロになってからの試合を、よく観戦しに行きました。

これからは海外の試合で
ギャラリーに
「なんやはてなこの飛ばす細い日本人は!?」って
ビックリさすような選手になってほしいです。

それにしても、あの加速力矢印上
全て速いですが、特にインパクト以降の加速はスゴイアセアセ

ドラコンの試合に出場しても
優勝を狙えるんではないでしょうか…。

ドラコン選手はヘッドスピードが70m/s近い人が結構いるそうです。
(ちなみに一般男性は38m/sぐらい)
実際、競技が行われる会場は打ち下ろしが多く
400yを超えることもしばしば…。

しかし、向かい風の平地や上り(のぼり)だと
ランを入れて320〜330yくらいがやっとかな〜って思います。
(間違ってたらスミマセン。)

でも雨の中、ランもないアゲインストの条件でも
諸藤選手は300y以上飛ばしていた・・エリザベス

唯一心配なのは
ああいうハードヒッターは怪我がつきもの。。

インパクトで跳んでる(足裏が地面から離れる)から
多少身体への負担は少ないと思うのですが。。

遼くんと同組での優勝争い
想像するだけでワクワクしませんか…上

堀江ゴルフアカデミー

遅ればせながら…

なでしこジャパン優勝!!!

感動しました。
男子も続いてほしいですね。

ですが、ワールドカップが始まる事すら知らなかった。。スミマセンアセアセ

世界一になると、これだけ報道が過熱して選手は大変ですね。
週刊誌も少しずつ、称賛の記事から選手の裏ネタに変わりつつある悲しい

なでしこ優勝直後から、
マスコミが、日本代表の練習環境や遠征費用など
決して恵まれていないことを報道していましたが
思い通り練習する事ができないからと嘆くより、、、
工夫しながら効率の良い方法で練習している人が
ゴルフにおいても上達していると思います。

井戸木鴻樹プロも、箕面C・C在籍時は
決して恵まれた環境になかったと思いますが
少ない練習時間をなんとか工夫し、集中して練習されていました。
長いアイアン(3、4I) も本来得意で精度が高いのに
FWを多めに入れて試合に臨まれています。

平塚哲二プロもシャフトを短く切ったドライバーで練習したり
メトロノームを使ってスウィングリズムを一定にする方法など
誰よりも早くやっていたと聞いています。

僕自身は最高の練習環境にいましたが、たいして上手くもならず。。ガーンネコ
いかなる条件でも、やる人はやる!!
結果を出すんですね。

ですので、
仕事や家事にお忙しい方々に、何とか少ない練習量で
上達していただけるようにと日々頑張っているところです。
                    (そのつもりですニコ

P.S ティーチングプロ 資格取得講座 開講します。
   詳しくはフロントまで。


堀江ゴルフアカデミー
昭和60年の秋
2度目のテストで東近畿地区予選を通り、
プレーオフながら西日本予選に初めて出場しました。

結果は78・73でダメ。
翌年の西日本も73・75でアウトショボン
その後も行けども行けども西日本予選止まり…。

研修会の仲間たちは毎年プロテストを通り
「ロープの内側」の人間になっていくのに…。
そんな自分の才能に疑問を感じ始めた時、3度目の信楽のテストで
「オジーモア」という人と同組で2日間ラウンドしました。

「オジーモア」はオーストラリアンツアーの連続賞金王でマスターズ以外の全ての
メジャーに出たいわゆるバリバリ「ロープの内側」のプロで
そんな人々がたくさん日本のプロテストを受けに来日し始めていました。

国内だけでも上手い人がたくさんいるのに…

外国のPGAのプロが稼ぎ場所を日本に求めて、テストを受けだして…沈

結果的にはツアープロを28歳であきらめました。
よって僕は「ロープの外側」の人間なのです。
だから「ロープの内側」の人間を心から尊敬しています。

そんな僕が、ゴルフを人々にレッスンするのはおこがましいことだと思っています。
しかし先輩や仲間、最近では後輩の「ロープの内側」の人間に教わったことを
感謝し、これからも皆様にお伝えしたいと思っています。


堀江ゴルフアカデミー
今年の全米オープン!!!

ローリーマキロイ〜優勝〜やったー

あんなさわやかにプレーをしながら
メジャータイトルを獲る……今まで見たことがありません。

まるで、休日にプライベートゴルフを楽しむかのような
軽やかで伸びやかなプレーぶり…。

難しい顔をして、何度もラインを読んで、ほぼカップに入らない
自分のゴルフが情けない。。。

また、ギャラリーの声援もかつてのアーノルドパーマーへの
「アーニーズアーミー」のような熱狂ぶり。

過去3度
特に今年のマスターズでの最終日の大崩れは記憶に新しく沈
それでもプレースタイルを変えず挑んでいく姿が
ギャラリーの大応援に繋がったのではないかと…。

拍手パチパチパチ拍手

話は変わりますが
堀江ゴルフアカデミーがオープンして早3か月
現在下は13歳から上は84歳までの方が練習に来られています。

最年長のKさんのスウィングをご覧ください矢印上





どうでっか〜〜マキロイさん。


堀江ゴルフアカデミー
梅雨入り宣言…!!

してから天気良し。

一昨日は「プラスルミノ」(7月号)というフリーペーパーに掲載の
写真撮影をしてもらいました。

先週の日本ツアー選手権、、
優勝したのはJ・Bパク選手。
韓国選手、強いですね!!!

去年、奈良柳生C.Cにて行われたあるゲームの練習ラウンドで
韓国の若手プロ(22歳)と一緒にプレーする機会がありました。
(J・Bパク選手ではありません。)
昨夏は例年にない猛暑で、その日も外に居るだけで辛かったのですが…沈

ハーフラウンドを終了後も、その韓国選手はクラブハウスに入らずに
外で練習し、再び午後の9Hを共々終えて、僕たちはシャワーを浴びて
帰路につく夕方になっても
ずっとその選手はアプローチ、パッティングを炎天下晴れの中続けていました。

ようやるなぁぁ〜〜〜エリザベス

こんなだから韓国のプロは強いんですかね!?
「兵役終わったところです」って。
ラウンド後は日本語の本を片手に、皆さんに挨拶してはりました。
そういう可愛らしさも持っていますし。

応援してま〜すニコ


堀江ゴルフアカデミー
今週は雨模様雨
それでも立花通りはたくさんの人通りです。

昨日まで「とおとうみ浜松オープン」が開催されていました。
以前に一度プレーしたことがありますが、、、
あんなビッグスコアが出るコースだったんですね〜汗

優勝したのは小林正則選手。
前週の河井博大選手といい、初優勝がベテラン組で感動しました。
おめでとうございます。








今週の水野さんカメラ
先週より、記録アップされました矢印上