前回お話しした、キム・キョンテプロのレッスンです。


1 左手親指は、グリップの真上を理想と考えている。




しかし、本人は少し左にズラしている




2 テイクバックの始動においては、グリップと身体の間隔を変えずに回し





トップに向け、上げ始めるとすぐに
ダウンスウィングを意識する



スウィング中はグリップの形を変えない


3 グリーン回りの深いラフからのアプローチ
  フェースを開いて




ハンドファーストにして




バックスウィングをしたら
そのまま身体を目線方向にスライドさせる
絶対手を返さない



という事を教えてもらったそうです。

テレビで観ている姿と、本人が意識されている事って
違うことが多い。。
「こうすればこうなるよ」って
教えてくれたらわかりやすいです。

キョンテプロ、会員のK様
ありがとうございました!!


堀江ゴルフアカデミー
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL