今月21日(土)に発売されたばかりの
「月刊ゴルフダイジェスト」6月号に 本
堀江ゴルフアカデミー所属 武村雅己プロの
レッスン記事が掲載されました ニコ






2012年3月15日、本当に久しぶりの再会で
嬉しかったのはもちろんですが
ドライバーがイップスにまでなっていた僕は
多くのプロゴルファーにアドバイスを頂くも治らず
深刻な状態でした パンダ
バックスイングのトップにクラブが達すると
カチーンと固まってしまう状態 ムスっ

武村プロはイップスになっていく理由を説明してくれ
定期的にスイングをみてくれると約束してくれました 上

今日の記事、まぁ読んで頂いたらビックリするような内容
これは"さわり"の部分なのですが
6年前にこれを聞いたときは只々びっくり ビックリビックリ
最近でこそ、こういう感じでシャフト倒すとか
シャロープレーンだとかをレッスンで聞くようになりましが
それは当時だとタブーのオンパレード
でも…当時の常識が自分のスイングを苦しめていたのです ぴのこ:)

僕にとってのスイングのルールは厳格すぎて
自分との戦いに敗け続ける感じ…
振り遅れてはいけないとか
身体を開かないように正面で打つとか
クラブフェースを開かない…等々 沈

これを全部忘れ、むしろ逆を行く武村レッスンによって
絶望的だったイップスの世界から解放されていきました 男前ピカピカ

今日の記事は5ページほどの中に
「千里の道も」の作者である中原まことさんが
本文を書かれており流石!!の濃い内容になっています イケメン

こんな方法で真っ直ぐ飛ぶのか〜と
思っていただけたら幸いです 感謝


堀江ゴルフアカデミー

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL