パナソニックオープン
20歳の川村昌弘プロが初優勝
おめでとうございます。

このパナソニックオープン
一昨年、琵琶湖C.Cにて平塚哲二プロが優勝し
大喜びしたのを思い出します。

残念ながら、、このトーナメントは
今回をもって一旦終了するそうで寂しい限りです。

今年最後のパナソニックオープン3日目終了時
優勝圏内にいた平塚プロ
最終日、前半9Hを耐えて迎えた13番ホールで放ったショットが
ギャラリーの方の頭部に当たり、出血してしまったそうです。

謝罪に行ったプロに対して、その方はとても優しく応対されたそうです。

その方の為にも…と懸命にplayを続けた平塚プロですが
後半に崩れ最終的にはイーブンパーの12位に終わりました。

平塚プロはその後、多くのギャラリーの方に声を掛けてもらったが
ラウンド終了後にサインをせず、足早にゴルフ場を立ち去ったそうです。

この件について本人(Facebookより抜粋)

「ボールを当ててしまった方、今日ゴルフ場に来られた全ての方、
ゴルフ場の方々、スポンサーの方々、本当に申し訳ございませんでした。」

我々もゴルフ業界におり、このような打球事故は無関係ではありません。
このような事故が起こらないよう、真剣に取り組まなければならないと思います。

ボールに当たってしまった方も本当にお気の毒でしたが
日本のトッププロ平塚哲二が動揺を隠しきれなかった訳ですから
よほどショックが大きく辛かったんだと思います。

これからビッグトーナメントが続きますが
平塚プロの活躍を切に切に望みます。

皆様も応援どうぞよろしくお願い致します。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL