2016.03.15 Tuesday 01:00

5周年を迎えました。

いつの間にか3月も半ばに入り・・・

気が付けば 『 堀江ゴルフアカデミー 』
開講5周年を迎えることが出来ました 感謝

堀江のメインストリートである立花通り(別称 オレンジストリート)に
物件を見付けてからも、色々悩みながら進んでいき
何とかオープンにこぎつけましたが、、

直後に東日本大震災があり…
ゴルフってゆうてる場合か??という時期も経験し…

それでもあっという間に過ぎた5年間でした。

経営のド素人の私は、各方面にご迷惑をお掛けしました ぺこり

オープン前から色々な面で支えて頂いた方々、
会員の皆様方に心より感謝を申し上げます きゃー

これからも皆様に喜んでいただけるよう
スタッフ一同最善を尽くして参ります。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



堀江ゴルフアカデミー

2015.10.06 Tuesday 16:18

クラブチャンピオン!!!

10月といえば、、

クラブチャンピオン競技の季節・・・ゴルフ

堀江ゴルフアカデミー会員様からは
5名(うちシニアが2名)が予選出場され

見事に全員が決勝進出されました 手

皆さまが実力を発揮されますように〜〜感謝クラッカー


堀江ゴルフアカデミー

2015.06.04 Thursday 16:10

古田4段

アカデミー会員の
古田4段 日本棋院 囲碁棋士 曰く

『このところ忙し過ぎて
 何とか練習だけはしていたものの
 全然ゴルフに行けていない』

「どれくらい??」

『3年以上…』

それはいけませんっとコースを予約して
ラウンドに行ってもらいました ゴルフ

それが驚愕びっくりのスコア
82(39・43)でした エリザベス

ご本人に許可を得て練習風景を撮りました。

《アプローチ》
ボールを見ずに左手でカップイン狙い



《右手》




《左手1本(SW)で打球》




《最後に7Iで打球》







めったにドライバーは練習せず
ほとんどSW kamule

しかしドライバーは真っすぐ 右


練習、ラウンドの回数は
人それぞれライフスタイルによって違います。

その方に適した練習方法をご提案させていただき
レッスンに繋げ、効果が出るよう務めていきたいと思います ぺこり



堀江ゴルフアカデミー

2015.03.03 Tuesday 16:20

3月3日

今日は3月3日 おひな祭り ひなまつり

こんにちは。フロントK子です 嬉しい
もうかなりの大人なのであまり関係ありませんが…。

今日のちょうど4年前は
堀江ゴルフアカデミーのプレオープンの日でした。

会員様を含め、色んな方と出逢うことができ、
たくさんの元気をいただき
大変貴重な4年間でした 感動

本格的なゴルフシーズンに向けて
私たちも気合を入れて頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします ぺこり


堀江ゴルフアカデミー

2014.03.08 Saturday 16:21

3周年…ありがとうございます。

3月に入ってから、また寒さがぶり返しています。
油断禁物ですね〜ガーンネコ

お陰さまで堀江ゴルフアカデミーは
今月、開講3周年を迎えることができました 感謝

会員様を始め、アカデミーを応援していただいている
全ての皆さまにお礼を申し上げます。


昨日、今年初のラウンドに行ってきました ゴルフ矢印上
夕方からはレッスンがあるので、朝イチのスタート!!

師匠 武村雅己プロと小野東洋ゴルフ倶楽部にて。





堀江ゴルフアカデミー

2013.12.18 Wednesday 16:13

今年もあと少し…

今年も残すところ…あと10日と少し

なんか、、あっという間の1年でした。

先月、武村雅己プロにお願いして
コースでラウンドをしながらスウィングをみてもらいました。

武村プロとのラウンドは1991年のプロテスト以来22年ぶり…。
しかし、、まぁ、、武村プロは曲がらずよく飛びます。
風が強いうえに、朝はグリーンが凍っている悪条件でも
ピンにビシビシ絡んでいく びっくり

最近のスコアは60代前半が多いとのこと 矢印上
よ〜〜く分かります。
そんなプロに誉めてもらい…やる気が出てきましたよイケメン

あと、今年嬉しかったこと、、
最近のことですが、皆が涙して喜んだ
男子ツアー最終戦の「日本シリーズ」宮里優作プロの優勝 拍手

それに、会員の方がクラブシニアチャンピオンになったこと 拍手
良いことが多かったです。

2013年…今年もしっかりと締めくくって
2114年に向かいたいと思います。


堀江ゴルフアカデミー

2013.11.07 Thursday 16:38

今どきのクラブ事情

最近のクラブ…
進化してますよね。

クラブヘッドをその大きさ、ロフト、ライ角、重心位置…などから
細かく選んで、さらに自ら調節も出来る

シャフトも重量から長さ、トルク等をクラブヘッドと組み合わせて
自分のスウィングに合ったものを何本か選ぶ
さらに試打して良かったものを購入する

スゴイと思いませんか??

昔・・・パーシモンの頃
例えば木目で樹齢をみたり自分で少し削ってみたり。。

メタルに移行した頃は、当たり外れが多く
何本も手に入れてみて、やっと自分に合うクラブに出合えるという
奇跡のパターン。
こういうのがずっと続いていまして…

でも自己責任のスポーツでもあるので
打ち方が悪いとばかりに練習、、練習。。

僕は道具にとても無頓着なタイプでしたが
周りの上級者はクラブも妥協せず常に研究していました。

最終的には「腕」なんでしょうが
昔と比べ現在のフィッティングは
労力と時間を割かずに選ぶことができるようになり
道具の進歩は現在のゴルファーにとって本当に有難いと思います。
そしてジュニア選手たちのレベル向上にも大変役立っているのではないかと。

ただ「どこのクラブがいい?」
  「私に合ってるクラブを教えて・・」等々よく尋ねられますが
今は選択肢がありすぎて、どこのスクールのプロもご苦労なさっていると思います。

ぼくの尊敬するクラブデザイナーの竹林隆光さんは
『 初心者はボールのつかまりのいい(左に行きやすい)クラブでゴルフを始め、
 左曲りのボールが出だしたら、少ししっかりしたものに買い替えるといい 』
 と、、おっしゃっています。

初めからオーバースペックだとスイングが悪くなってしまう。
ボールが上がらないと感じると身体を傾けてすくいあげようとしたり、
右に行きそうだとアウトサイドから左に引っ張り込もうとする。
 

今どきは・・・
無理して打てないクラブを打ちつづけるよりは
即戦力のクラブを使うほうがいいと思います。

2013.10.01 Tuesday 11:08

打球事故について

パナソニックオープン
20歳の川村昌弘プロが初優勝
おめでとうございます。

このパナソニックオープン
一昨年、琵琶湖C.Cにて平塚哲二プロが優勝し
大喜びしたのを思い出します。

残念ながら、、このトーナメントは
今回をもって一旦終了するそうで寂しい限りです。

今年最後のパナソニックオープン3日目終了時
優勝圏内にいた平塚プロ
最終日、前半9Hを耐えて迎えた13番ホールで放ったショットが
ギャラリーの方の頭部に当たり、出血してしまったそうです。

謝罪に行ったプロに対して、その方はとても優しく応対されたそうです。

その方の為にも…と懸命にplayを続けた平塚プロですが
後半に崩れ最終的にはイーブンパーの12位に終わりました。

平塚プロはその後、多くのギャラリーの方に声を掛けてもらったが
ラウンド終了後にサインをせず、足早にゴルフ場を立ち去ったそうです。

この件について本人(Facebookより抜粋)

「ボールを当ててしまった方、今日ゴルフ場に来られた全ての方、
ゴルフ場の方々、スポンサーの方々、本当に申し訳ございませんでした。」

我々もゴルフ業界におり、このような打球事故は無関係ではありません。
このような事故が起こらないよう、真剣に取り組まなければならないと思います。

ボールに当たってしまった方も本当にお気の毒でしたが
日本のトッププロ平塚哲二が動揺を隠しきれなかった訳ですから
よほどショックが大きく辛かったんだと思います。

これからビッグトーナメントが続きますが
平塚プロの活躍を切に切に望みます。

皆様も応援どうぞよろしくお願い致します。

2013.08.19 Monday 15:58

ファンケルクラッシック

昨日のファンケルクラッシック…ゴルフ
プレーオフでの羽川プロと井戸木プロの勝負 ビックリ

惜しくも井戸木プロは敗れましたが
全米チャンピオンVSマスターズ出場経験のある世界のレフティ

見応えのある戦いを日本で味わうことが出来るこの喜び イケメン

プレーオフの18番ホール
ドローボールでかっ飛ばす羽川プロ
井戸木プロはフェードでランを出して、2人は残り260Y地点に並ぶ 火

両者ともにツーオンを狙うがバンカー勝負に!!!
そして・・・
グリーン下につけた羽川プロに対し、やや下りのラインに井戸木プロがオン
まさに手に汗握る展開 アセアセ
そして羽川プロがバーディーパットを決め優勝。

その後の表彰式では2人の後方にそうそうたる顔ぶれがいっぱい。
もはやアメリカのメジャーで勝っても日本で必ず勝てるとは限らない。
改めてシニアツアーのレベルの高さを感じる大会でした。



堀江ゴルフアカデミー



2013.06.17 Monday 16:00

全米オープン

全米オープン

今回は早起きしてテレビ観戦しました 目

優勝は“ジャスティン ローズ” 優勝



フィル ミケルソンの気迫のプレー
松山英樹の最終日ベストスコアなど見応えタップリでした。

加えて、丸山茂樹プロの解説
視聴者に出来るだけリアルな事を伝えようという気持ちが
ヒシヒシと伝わってきてとても良かったです

18番…
ミケルソンの第2打地点…左ラフ ピンまで残り約220Y
スライスをかけて狙う場面で、距離感を心配していた丸山プロ
ナイスショットに見えたもののグリーン手前にショート

ラウンドリポーターの青木功プロから
フライヤーを計算したからでは??の問いかけに
「スライスを打ったらフライヤーの計算は要らない!!」と丸山プロは断言。

何度か2人の技術解説の食い違いが…焦る
どっちなんやろ??

でも、こんなやりとりがスリリングで面白かったです むっつり
丸山プロも解説という仕事をするからには
青木プロであろうと誰であろうと、やることはやるって感じでしたね。

そんな丸山茂樹プロも、ミケルソンやエルスと同世代。
米ツアーでの身体の酷使がたたったのかどうか
現在は日本ツアーを休まれています 感動

プレジデントカップでの大活躍や、
伊沢利光プロと組んだワールドカップでの優勝…など
数え切れない感動を味あわせていただきました。

身体が良くなったらまたあの勇姿を見せてほしいな〜と思います。




堀江ゴルフアカデミー


<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.